67歳 初めての一人暮らし けなげに暮らそ

素材を使い回してごはんを作っていきます。時々おやつも作ります。

サスティナブルな料理とな

料理界の重鎮の口から出た言葉「サスティナブルな料理」に
さ、さすてなぶるってなんじゃらほいな私は
早速、ググってみましたよ。


「継続可能な料理」


嗚呼、なるほどね。


あまり一番出汁とかにこだわらず、継続可能な料理をしていきましょう、みたいな。
家庭料理は、出汁の素でいいんですよ、と。


土井善晴先生もそれに近いこと仰ってますね。
(私は、土井勝先生ファン。)


でも、継続可能な料理ってのは、ほんとそう。
無理して頑張って三日坊主に終わったんじゃ、しょうがないものね。


土井勝先生を好きになったきっかけは、
昔々、


テレビで、高島忠夫さんと寿美花代さんご夫妻が司会している料理番組の
公開生放送がありました。


お客様が入っている会場で、土井先生がお料理をして
それを客に振舞って、感想を訊くという。


で、マイクを向けられた客が
クレームつけたんですね、
甘いだか、しょっぱいだかのどっちか。


「美味しいんですけどね、私にはちょっと甘すぎるかな」みたいな


土井先生、毅然と応答していました。
流石だと感服し、
20代だった私は、すとんと惚れました。


塩引き鮭(新巻鮭)できました。


苦労の跡がうかがえる二枚おろし


皮が硬くて切り難いのですよ。


でもって、晩ごはん


塩引き鮭の茶漬け、赤かぶのお漬物、塩引き鮭のアラの三平汁、アップルケーキ


生りんごのアップルケーキ



今日も、サスティナブルに頑張った(^^)v